ヤマハグレード
音楽能力検定制度

ヤマハグレード試験-生徒の進歩の測定
生徒の成績は、音楽の学習、演奏能力、および全体的な音楽知識の進歩を客観的に評価するために使用されます。

ヤマハでは、キーボード初心者向けの学生成績とジュニアミュージックコースの学生向けの基礎スキルテストも提供しています。
このシステムは、音楽を楽しんだり、プロとして演奏したりするために必要な演奏能力と一般的な音楽知識を調べるように設計されています。

Yamaha music sLs Japan

試験システムの構造

試験の結果は、ピアノのレパートリーや、伴奏、初見演奏、聴覚(暗譜・聞き覚え演奏)、即興演奏など、生徒が豊かな音楽体験と能力レベルを習得するのに役立ちます。

試験内容

・レパートリー
・即興
・初見演奏
・暗譜/聞き覚え
演奏(グレード9〜6のみ)

ヤマハグレード試験のグレードは、グレード13から始まり、グレード6まで進みます。グレード5からグレード3は教師レベルの試験であり、グレード2とグレード1は、プロのグレード試験を受けることに関心のある人なら誰でも利用できます。

私たちの講師陣は、ヤマハ音楽教育システムによるグレード試験のために指導すること、準備することに最善を尽くします。グレード試験に合格するためには、生徒さんは自宅で十分な練習時間を確保し音楽の理解を持つためには全力を注ぐ必要があります。

sLs Japanでは、グレード試験の準備をお手伝いします。
私たちの講師は多言語に対応しており、日本語と英語の両方を流暢に話すことができます(さらに、中国語、フランス語、スペイン語も話すことができます)。