ABRSM

Abrsm sLs Japan

ABRSM(英国王立音楽学校の関連委員会)は、イギリスのロンドンに拠点を置く試験委員会および登録慈善団体であり、世界中のセンターで音楽の試験を提供しています。 ABRSMは、英国の国家資格フレームワーク内で音楽の段階的な試験と卒業証書の資格を授与するためにOfqualによって認定された5つの試験委員会の1つです。

ABRSMは、世界的に有名な試験委員会の1つです。

グレード音楽試験

段階的な音楽試験は、初心者から上級ミュージシャンへの進歩のための構造化されたフレームワークを提供します。

レベル1:グレード1〜3
レベル2:グレード4〜5
レベル3:グレード6〜8

ほとんどの科目はグレード1から8までが提供され、合格には3つの基準があります。合格(straight pass)、評価に値する合格(pass with merit)、および優秀な成績で合格(pass with distinction)です。

ABRSMのディプロマ、ライセンシエートディプロマとフェローシップ

これらは専門的な資格です。
これらの専門資格は、米国の大学やカレッジで認められています。


ディプロマには4つのレベルがあります

・ARSM(英国王立音楽学校のアソシエート)

・DipABRSM(王立音楽学校の関連委員会のディプロマ)

・LRSM(英国王立音楽学校のライセンシエート)

・FRSM(王立音楽学校のフェローシップ)

ABRSMピアノ/ヴァイオリングレード試験は東京で受けることができます。
sLs Japanでは、試験の準備をお手伝いします。
私たちの教師は多言語に対応しており、日本語と英語の両方を流暢に話すことができます(さらに、中国語、フランス語、スペイン語も話すことができます)。