top of page

バイオリンの講師陣

Maho Danis- sLs Japan Violin Instructor - sLs Japan バイオリン講師

Maho Danis (マホ・ダニス)ダニシュ 真帆は、マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団の創設メンバーとして、世界の一流指揮者やソリストと共演し、日本やシンガポール、オーストラリア、中国、ベトナムを含む数多くの国際ツアーを行ってきました。また、マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団を代表し、日本やマレーシア各地をツアーで訪れました。さらに、ドイツのフィルハーモニー・オブ・ネイションズと日本の読売日本交響楽団オーケストラ・アンサンブル金沢でも第一バイオリンとして演奏していました。

彼女は、1998年よりバイオリンのプライベート教師として、若いバイオリニストの教育に携わり、オーケストラの最も有望な弦楽器奏者を指導し、彼らのアンサンブル能力を向上させました。その中には、米国ニューヨークのイーストマン音楽院やプラハの舞台芸術アカデミーなど、国際的に著名な音楽機関や大学で学んでいる人もいます。

Anna Litvinova - sLs Japan -ヴァイオリン講師

アンナのモットーは "never stop learning"。バークリー音楽大学(米国マサチューセッツ州ボストン)のオンラインコースを修了し、哲学や歴史などさまざまな学問を学び、多様なオンラインソースを利用して自習を続け、ルバーブ(アフガニスタンの弦楽器)、サントル(ペルシャダルシマー)、サズ(トルコの弦楽器)、デュドゥク(アルメニアの木管楽器)などの個別の音楽クラスを受講して、常に音楽を学んでいます。彼女自身、世界の楽器のコレクションを持っています。アンナは英語、日本語、ロシア語を話します。加えて、グルジア語、トルコ語を勉強中です。日本の文化や仕事に対する幅広い理解、多文化環境で効果的に働く能力、音楽の歴史、理論、実践に関する深い知識、演奏と指導の経験、方法論と教育法の専門知識、創造的アプローチ、そして音楽への情熱を持つアンナは、ただ演奏するだけではなく、歴史と芸術の文脈で音楽を知り、理解し、感じ、楽しもうとするすべての人にとって、音楽の世界での素晴らしいガイドとなります。

ロシアのウラジオストク(東京からわずか1000km!)で生まれたアンナは、N.A.リムスキー=コルサコフの名を冠したサンクトペテルブルク国立音楽院の卒業生であるリュボフ·ボルショワ教授の指導のもと8歳でヴァイオリンを始めました。彼女はヴァイオリンを専攻した7年間の音楽学校生活で、地元や地域のさまざまなコンクール、コンサート、フェスティバルに参加しました。そして、優等学位を取得し、特別賞である「黄金の竪琴」を授与され卒業しました。

アンナは2017年に日本に移り、東京音楽大学の音楽·リベラルアーツ学科で学士号を取得しました。大学2年次から指揮を専攻し、広上淳一、田代俊文、増井信孝、米津稔弘に師事しました。ベルギー在住の有名なヴァイオリニスト、ボリス·ベルキンのマスタークラスにも参加しました。

彼女はまた、NHK交響楽団員である横山俊郎教授にヴァイオリンを師事していました。東京音楽大学客員教授で英国ポーツマス大学上級講師の柴崎かがり博士のもとで音楽心理学や音楽療法を学ぶ機会もありました

Zofia - sLs Japan -ヴァイオリン講師.

ゾフィア・ プラジュフはポーランド・クラクフ出身の音楽家であり、日本文化の研究者でもあります。彼女は現在、東京学芸大学に留学し、箏のレッスンを受けながら、明治時代の日本の伝統音楽について修士号を取得中です。

ゾフィアの音楽の旅は小学生のころから始まり、2011年から2017年までフライデリク・ショパン中等音楽学校で学び、ポーランドのオーケストラ、カメラータ・ディ・クラコヴィアの第2バイオリンセクションのメンバーとして活躍しました。このオーケストラで彼女はフランス各地を巡業し、いくつかのコンサートでは指揮者も務めました。そのおかげで、コミュニケーション能力と組織力を身につけることができ、それがさらなる指導の経験につながっています。
昨年、彼女はアントニ・コファリク流の理論に基づき、未就学児や小学生を対象としたヴァイオリンクラスを始めました。自身の文化的な経験や理論を通してレッスンを行いながら、生徒さんと綿密にコミュニケーションを取り、生徒さんの能力を伸ばしてきた実績があります。
ゾフィアはとても社交的でオープンな性格で、喜んで人に助力します。彼女は、最も重要な側面に焦点を当てることで、すべての人に個別に対応し、自分の情熱を共有しながら人々と一緒に進んでいくことを楽しんでいます。音楽は、文化や個性を形成し、世界をどのように認識するかということにつながる、私たちの現実の不可欠な部分であると彼女は考えているのです。

Andres  Violin instructor-  sLs Japan

Andrés Daniel Spléndido  (アンドレス・ダニエル・スプレンディド) は、アルゼンチンのラヌス大学(Universidadde Lanús)を卒業 (音楽の学士号)したプロのバイオリン教師であり、演奏家です。

彼はピアソラ音楽学校から楽器教授(バイオリン)を授与されました。このタイトルは 2021年に発行済です。彼はまた、 2014年4月から2018年2月までベリソ市のベリソオーケストラ学校のバイオリンとヴィオラの教授でした。

アンドレスはマエストロ ホセ・ボンダー(プライベート)とともに定期的なバイオリンレッスン、アナスタシア・ストーラー教授(米国)、ニコラス・ファベロ(アルゼンチン)、ジル・アパップ(フランス)、ドミトリ・ベルリンスキー(ロシア)、カンポス・ド・ジョルダオ(ブラジル)とともにバイオリンマスタークラスを実施してきました。
彼はソリストとして、また他の楽器やさまざまなオーケストラと共演するバイオリニストとして活躍しています。
彼はカメラータ・アカデミカ・デル・テアトロ、オルケスタ・エスタブル・デル・テアトロ、国立交響楽団アルゼンチンのバイオリニストでした。また、杉並区ハーモニー管弦楽団や中野区民交響楽団の客員バイオリニストも務めました。
アンドレスは、教員養成プログラムのための日本の文部科学省の奨学金を獲得しました。現在、横浜国立大学に留学中です。
非常に熱心なバイオリニスト兼教育者。彼の暖かく、謙虚で親しみやすい性格は、間違いなく彼の成功を助けています。
彼は英語、スペイン語、日本語の3つの言語を流暢に話します。

Katie (ケイティ) sLs Japan のバイオリン講師

Katie Nakamura (ケイティ 中村) は幼少期から音楽、特にバイオリンを演奏することへの愛情と情熱を持っており、sLs Japanの一員になれることをとても嬉しく思っています。 彼女は、アメリカの南カリフォルニアの幼少期を過ごした家でアーバインクラシックプレーヤーのユースオーケストラを教えるのを手伝っていました。彼女は他の人たちが音楽を旅するのを手伝うことが大好きです。 彼女は、メリーランド州のピーボディ音楽院でバイオリン演奏の学士号を取得し、2019年から就学前の子どもたちを教える英語教師として日本で働いています。 彼女は、クラシックに加えて、アメリカの伝統的なフィドル音楽、ジャズ、ポピュラー音楽など、さまざまなスタイルの音楽を演奏することを楽しんでいます。 彼女は、音楽をさまざまな角度から理解し、音楽と個人的なつながりを形成できることが、学習の重要な部分であると信じています。
 

Josefina 英語バイオリン slsjapan violin lessons in english 音楽と言語教師

Josefina(ホセフィナ)は、複数の楽器が演奏できるマルチリンガルの講師です。 熱心で、やる気のある、認定を受けた音楽インストラクターである彼女は、理学と音楽芸術の修士号を取得しています(バルパライソカトリック大学)。 彼女は認定バイオリン講師であり、バイオリン、ギター、ピアノ、ボーカルを教えることができます。 子供たちと一緒に働くことに情熱を持っており、子供を含む多くの生徒にバイオリンと音楽を教えた10年の経験があります。 彼女はオーストラリアとチリでインターナショナルスクールとバイリンガルスクールの音楽教師として働いていました。 彼女は英語、スペイン語、日本語の3つの言語を話します。 素晴らしい個性を持った優れた音楽パフォーマーであり音楽講師である彼女の原則は「子供たちは反復ではなく、情熱を通じて学ぶべきである」です。

Susana Hun スサーナ sLs Japan Piano Instructor ピアノ講師

Susana (スサーナ)彼女はピアノと並行してヴァイオリンを始めました。ピアノ同様に、彼女はバスク地方(スペイン)でヴァイオリンの勉強を終えました。また、ABRSMメソッドで、さまざまな年齢やレベルの子どもたちを指導してきました。同時に、バレンシア自治省青少年管弦楽団とJOCSMAB(Joven Orquesta Santa María la Blanca de Madrid)のメンバーでした。また、サン・セバスティアン・ドノスティア(スペイン)のフィドル音楽グループのメンバーでもありました。言語: スペイン語、英語、日本語、中国語

Josefina
Andres
Katie
maho
Anna
Zofia
Susana
bottom of page