バイオリンの講師陣

Josefina 英語バイオリン slsjapan violin lessons in english 音楽と言語教師

Josefina(ホセフィナ)は、複数の楽器が演奏できるマルチリンガルの講師です。 熱心で、やる気のある、認定を受けた音楽インストラクターである彼女は、理学と音楽芸術の修士号を取得しています(バルパライソカトリック大学)。 彼女は認定バイオリン講師であり、バイオリン、ギター、ピアノ、ボーカルを教えることができます。 子供たちと一緒に働くことに情熱を持っており、子供を含む多くの生徒にバイオリンと音楽を教えた10年の経験があります。 彼女はオーストラリアとチリでインターナショナルスクールとバイリンガルスクールの音楽教師として働いていました。 彼女は英語、スペイン語、日本語の3つの言語を話します。 素晴らしい個性を持った優れた音楽パフォーマーであり音楽講師である彼女の原則は「子供たちは反復ではなく、情熱を通じて学ぶべきである」です。

Andres  Violin instructor-  sLs Japan

Andrés Daniel Spléndido  (アンドレス・ダニエル・スプレンディド) は、アルゼンチンのラヌス大学(Universidadde Lanús)を卒業 (音楽の学士号)したプロのバイオリン教師であり、演奏家です。

彼はピアソラ音楽学校から楽器教授(バイオリン)を授与されました。このタイトルは 2021年に発行済です。彼はまた、 2014年4月から2018年2月までベリソ市のベリソオーケストラ学校のバイオリンとヴィオラの教授でした。

アンドレスはマエストロ ホセ・ボンダー(プライベート)とともに定期的なバイオリンレッスン、アナスタシア・ストーラー教授(米国)、ニコラス・ファベロ(アルゼンチン)、ジル・アパップ(フランス)、ドミトリ・ベルリンスキー(ロシア)、カンポス・ド・ジョルダオ(ブラジル)とともにバイオリンマスタークラスを実施してきました。
彼はソリストとして、また他の楽器やさまざまなオーケストラと共演するバイオリニストとして活躍しています。
彼はカメラータ・アカデミカ・デル・テアトロ、オルケスタ・エスタブル・デル・テアトロ、国立交響楽団アルゼンチンのバイオリニストでした。また、杉並区ハーモニー管弦楽団や中野区民交響楽団の客員バイオリニストも務めました。
アンドレスは、教員養成プログラムのための日本の文部科学省の奨学金を獲得しました。現在、横浜国立大学に留学中です。
非常に熱心なバイオリニスト兼教育者。彼の暖かく、謙虚で親しみやすい性格は、間違いなく彼の成功を助けています。
彼は英語、スペイン語、日本語の3つの言語を流暢に話します。

Katie (ケイティ) sLs Japan のバイオリン講師

Katie Nakamura (ケイティ 中村) は幼少期から音楽、特にバイオリンを演奏することへの愛情と情熱を持っており、sLs Japanの一員になれることをとても嬉しく思っています。 彼女は、アメリカの南カリフォルニアの幼少期を過ごした家でアーバインクラシックプレーヤーのユースオーケストラを教えるのを手伝っていました。彼女は他の人たちが音楽を旅するのを手伝うことが大好きです。 彼女は、メリーランド州のピーボディ音楽院でバイオリン演奏の学士号を取得し、2019年から就学前の子どもたちを教える英語教師として日本で働いています。 彼女は、クラシックに加えて、アメリカの伝統的なフィドル音楽、ジャズ、ポピュラー音楽など、さまざまなスタイルの音楽を演奏することを楽しんでいます。 彼女は、音楽をさまざまな角度から理解し、音楽と個人的なつながりを形成できることが、学習の重要な部分であると信じています。