Churen Li(チュレン・リー) :
‐ヤマハ&ベーゼンドルファーのアーティスト

sLsグループとコラボレーションしています。
sLsグループはChurenのアジアのマネージメントチームです

Butterfly by Churen | シンガポール国際ピアノフェスティバル

Churen - ベートーベンピアノ協奏曲第1番2楽章 -シンガポール交響楽団

シンガポールのピアニスト、チュレン は、多様なジャンルと即興的で実験的な実践を組み合わせて、コンサートプログラミングへの革新的で個人的なアプローチを模索しています。 2021年のシーズンには、シンガポール国際ピアノフェスティバルとシンガポール国際芸術祭でのデビューのほか、ショパンとデビュッシーからマイケルジャクソン、ジョンウィリアムズ、ジョージクラムまでの折衷的なレパートリーをフィーチャーしたキャンドルライトシリーズの80以上のソロコンサートを行いました。
このコンサートピアニストは5歳から楽器を学び始めました。
彼女は2015年からヤマハ&ベーゼンドルファーのアーティストです
https://sg.yamaha.com/en/products/musical_instruments/latest_reads/piano/interview_with_churen_li/index.html

Churenは、Yong Siew Toh音楽院(シンガポールの国立大学)で学士号を取得し、19歳でコホートの最若年者として卒業しました。彼女はイェール大学とケンブリッジ大学で2つの修士号(それぞれ音楽と哲学)を取得しました。

2015年、彼女は、シンガポールの50回目の独立祝賀会の一環として、香港のシンガポール高等領事館の招待を受けて、マカオと香港のツアーで、音楽オーケストラのYong Siew Toh音楽院でソリストとして演奏しました。その他に、シンガポール交響楽団、クラシッシュブダペストフィルハーモニー管弦楽団、シンガポールメトロポリタンフェスティバルオーケストラ、ケンブリッジ大学オーケストラ、シンガポール国立大学交響楽団と協奏曲を演奏しました。


Churenはまた、新しい音楽にも情熱を注いでおり、音楽のジャンルを組み合わせることに精力的に挑戦し、音楽と社会の進化の関係について考察しています。 2018年9月、彼女はシンガポールで人気のナイトクラブであるズークで満員のコンサートで共同プロデュースと演奏を行い、現代の破壊的な環境に西洋のアート音楽を並置しました。 2020年の英国ツアーの一環として、彼女はシンガポールの作曲家によって書かれたミュージカルシアター、ポップ、クラシック音楽のキャバレーショーを共同プロデュースし、英国のシンガポール領事館と共同で発表しました。彼女は2018年にダルムシュタット国際サマーコースフォーニューミュージックに参加して演奏するために選ばれた10人のピアニストの一人であり、同じ年にザルツブルクのロシュコンティネントプログラムで芸術と科学のワークショップと講義の多分野にまたがるプログラムに参加しました。


Churenは、彼女の音楽性、詩性、魅力で観客を感動させ続けています。彼女は2018年にシンガポールタトラーのジェネレーションTリストに掲載されました。これは、「シンガポールで最も輝かしいコネクター、創造的な先見者、影響力のあるイノベーター、破壊的才能の50人」を祝うものです。

https://www.churenli.jp/ (日本語)
http://www.churenli.com/ (英語)